文化・芸術

ならまち散策

~ぽんこつランナー~

今日は仕事で奈良方面へ!

少し時間に余裕があったので、近鉄奈良駅の南側の「ならまち」を散策する事に。

「ならまち」とは行政地名としての奈良町という場所はありませんが、元興寺の旧境内を中心とした一帯を「ならまち」と呼ばれていて、江戸時代の末頃から明治時代にかけての町屋の面影を伝え風情ある場所です。そしてこのあたりは神社・仏閣の多い地域である事も特徴のひとつです。

そんな「ならまち」を歩いていると「ならまち格子の家」を発見!ここはいわゆる「町屋」を再現した施設で、なんと入館料が無料と言うことに誘われて見学しました。

                                                         Pc180015 

Pc180017

箱階段

空間を無駄なくつかう先人の知恵ですねェ

Pc180020

中庭

渡り廊下に接して、風呂や便所があったようです

Pc180024 男子小用トイレ

現在のものより、趣が感じられます!

                     

                   

格子の家を見学後、「ならまち」を暫くの散策のあと、ふっと目に飛び込んできたのが湯気をあげているセイロ。

なんだろなァ~と覗いて見ると、蒸酒まんじゅうの看板。

少し小腹もすいたので立ち寄ってみる事に。

Pc180026 Pc180025

Pc180028

お目当ての酒饅頭。

お番茶とのセット(メニューにはありませんでしたが、酒饅頭をお願いしたらついてきました)

控えめな甘さで、結構イケました(^0^)

ということで、仕事の合間の短い時間でしたが、なんだか「ほっこり」した感じの時間が過せた感じがしました。(仕事中にこんな事でエエんかいなァ?)

「ならまち」散策ルート、2時間・3時間・4時間のモデルコースがあるようですよ。

PS.ところで先日大阪南の鰻谷付近で一杯やってると、我がランニング仲間のJさんがブログで紹介されていた「楽」のラベルがついた日本酒を発見!

Pc150014_2

正しくランニングクラブ「楽ラン」のためのお酒のようです。

あァ~おいしかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)