« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

東京マラソン回顧録3

~いよいよレース開始~

今回の東京マラソンは、

「ゆっくりファンランでコースを楽しんで(・∀・)イイ!」

のつもりが・・・。

最前列に陣取った事もあり、スタートの合図を聞いたときにはスッカリ忘れていたヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

Photo_3 例のアフロ隊とともに、キロ4分少しのペースで駆け出してしまうε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

心の中で、「このペースやったらアカン!」と叫びつつ、

10kまで行ってしまう。

その後ペースを落としつつ、カメラを片手にシャッターを切りながらのラン。Photo_4

走りながらカメラを扱うのは、考えていたよりも難しい。

いつもカメラ片手に走っている、ラン仲間Bさんの苦労が分かる。

15k地点品川の折り返し、Kやん夫妻の声援を受けて元気が出る。

この時点では「まだまだ大丈夫」の感じ。

ところが、20kを過ぎたあたりから・・・。

いつもより早く脚にくる。

これは、深酒のせいか?それとも泉州後の練習不足か?

Photo_5 25kを過ぎ、浅草の雷門を折り返す頃には「フラフラ」状態。

その後は、景色や応援を楽しむ余裕もまったくのゼロ。

Photo_6 30kを過ぎた辺りで、「東国バルさん、頑張って!」の声援に横を見ると、あの宮崎県知事がスゥッ~と横をすり抜ける。

慌ててダッシュ!

知事を追い越し、シャッターをパシッ!

これが最後の力でありました。

その後のゴールまでの約10kは長かったぁ~。

|

東京マラソン回顧録2

レース当日~スタートまで~

Photo 深酒のせいか、はたまたレースに臨む高揚からか、寝付いて3時間ほどで目が覚めてしまう。

「寝やなあかん」と思えば思うほど寝れない。

寝ることは諦める。

6時30分からの朝食時刻を待って朝食をとり、8時前にはホテルを後にする。Photo_2

都庁近くのホテルを取れたので、スタート会場までは5分程度で到着。

荷物を預け、スタートブロックに向かう。

登録ランナーは招待選手やエリートランナーの真後ろAブロック。

「楽ランの仲間は?」とキョロキョロ。

見つけました!なんとAブロック最前列に陣取るピンクアフロの面々。Photo_4

ランナー達を掻き分けて、ピンクアフロに合流。

天候はドンヨリ。少し風もあって、スタートを待つ間は寒い。

後ろを振り返ると・・・。Photo_5

さすがに凄い数のランナー。

なにせ、今年は3万5千人のランナーが走るらしい。

Aブロックの登録ランナーだけで、約1割の3500人位いた。

Photo スタート時刻が近づく。

ゲストランナー、招待選手などが紹介される。

土佐玲子もその一人。

このレースをラストランにするらしい。

Photo_2 ほどなく石原東京都知事が壇上に。

挨拶の後、国歌斉唱。

さすがに石原都知事の味が出ている。

マラソンレースでスタート前に国歌を斉唱し、国旗を見上げたのは初めての体験。

何故か「ジ~ン」とくる。

そして9時10分、花吹雪と共に号砲が鳴り響く。

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »